MENU

DHA・EPAの効果、効能

「DHA・EPA」とは、それぞれ、「ドコサヘキサエン酸」「エイコサペンタエン酸」の略称です。

 

人間に必ず必要な必須脂肪酸のひとつで、どちらも人の体内では作ることのできない栄養素です。特に青魚などに多く含まれています。

 

DHA・EPAは高脂血症や動脈硬化を予防する効果、また、アレルギー体質の改善や、精神を安定させる効果などがあると言われています。

 

特にDHAは、血液の流れをよくしたり、目の網膜や脳の働きを活性化する健康効果があり、美肌効果などもあると言われています。

 

DHAを多く含む食品は、まぐろ、かつお、あじ、さば、いわし、ぶりなどの青魚などです。また、DHA・EPAを摂取するためにはαリノレン酸を多く含む食品をとるのがよいです。

 

えごま、亜麻仁、くるみ、チアシードなどです。αリノレン酸も人の体内では作ることのできない必須脂肪酸で、体内でDHA・EPAに変化します。

 

現代の食生活では、DHA・EPAの摂取量は減少傾向にありますので、意識して積極的にとりいれる必要があります。