MENU

DHA・EPAの健康効果について

マグロやイワシなどの魚の油に多く含まれる脂質であるDHA・EPAは、血液の流れを改善し、血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐ働きをするとして厚生労働省も生活習慣病予防に1日1g以上を摂取目標とし、推奨しています。

 

DHA・EPAは、体内の細胞膜をつくる重要な成分で、体のさまざまな機能を調節する生理活性物質の材料にもなっていて、血液や血管の他にも、目や脳など全身の機能維持に関与しています。

 

DEA・EPAは、人間の体の健康維持に不可欠な脂質ですが、体内では充分に合成することができないため、食事から摂取する必要がある必須脂肪酸です。

 

また、DHA・EPAは、脳や目の正常な発達や機能維持に欠かせない役割をはたすとされ、DHAは、脳の神経細胞を活性化したり、脳の血管障害を改善する作用があることから、認知症を予防・改善する可能性もあると期待されています。

 

DHA・EPAなどのω3系脂肪酸の働きには、アレルギー症状を改善にも役立つとされています。毎日の食事で多くの魚を摂ることが困難な方は、サプリを利用して摂取することをオススメします。