MENU

DHAとEPAの概要

DHA・EPAは共に健康促進効果のある人体にとってなくてはならないものです。DHAは正式名称をドコサヘキサエン酸と呼ばれ、不飽和脂肪酸の一つです。

 

魚油に多く含まれていて、日本人は魚類を食べることによって多く摂取していたが近年は日本人の魚類の摂取量が少なくなったことにより減少しています。

 

DHAの効能・効果は血液中の中世脂肪酸やコレステロール値を低下させる働きがあることから、決R期の流れを良くし、血栓の予防や解消に役立つ事が挙げられます。

 

EPAは正式名称をエイコサベンタエン酸またはイコサペンタエン酸と呼ばれ、ω3脂肪酸の一つです。

 

EPAはニシンやサバ、サケ、イワシなどの魚類から接収することが出来ますが、こちらも近年は魚類の摂取量が少なくなったことにより、現象しています。

 

EPAの効能・効果は皮膚の免疫力を高めて炎症を鎮める働きがあり、アトピー性皮膚炎の症状の緩和にも効果があります。EPAには細胞同士を繋ぐ役割があり、肌の健康の為には欠かせない栄養素です。