MENU

DHAとEPAの効果と必要量について

DHA・EPAについて、DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸のことです。これらは、人間の生存に不可欠な必須脂肪酸の一つになります。

 

これらは、人間の体内で作られることがないため、食べ物から摂取する必要があります。DHAやEPAは、魚類特に青魚に多く含まれています。

 

DHAには様々な効果があり、学習能力の向上や動脈硬化の予防、高血圧の抑制やアトピーの改善など様々な効果があります。

 

これらは青魚でさらに魚の脂に多く含まれているため、脂ののった旬の時期の魚を食べると多く摂取することができます。1日の摂取量の目安は1から2グラム程度ですが、平均的な日本人では400ミリグラム程度しか摂取できておらず取得量が不足しています。

 

イワシ1匹で1グラム程度摂取できます。健康維持には1日400ミリグラム程度でも良いとされていますが、生活習慣病の改善には1グラム程度の取得が必要とされています。魚のみでは取りづらい場合にはサプリメントでも摂取が可能です。