MENU

DHA・EPAを摂取して健康になりましょう

DHA・EPAはともに人間に必ず必要な不飽和脂肪酸で、体内では作れないため食物から摂取する必要があります。特にサバやイワシなどの青魚に多く含まれています。

 

正式名称はDHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸といいます。魚を多く食するイヌイットの人々に動脈硬化や心筋梗塞などの血管系の生活習慣病があまり見当たらないことから、DHA・EPAの血液への良い効果が判明しました。

 

DHA・EPAは固まりにくい性質があるので細胞膜に取り込まれると細胞壁の流動性が増し、血管細胞のしなやかさが増し、赤血球が軟らかくなり、血液がさらさらになるのです。

 

動脈硬化や血栓の予防の他にも、学習能力や記憶力の向上、視力低下の抑制、高脂血症の改善や運動能力の向上、アトピーの改善など、様々な効能があります。

 

DHA・EPAは年齢とともに減少し、痴呆につながるといわれます。一日の摂取量の目安は1gから2gなのに対し、日本人は400mgほどしか摂取できていません。青魚が苦手な人はサプリメントなどで効率よく摂取する方法もあります。