MENU

DHA・EPAの効果と効能について

DHAとはドコサヘキサエン酸の略称で、EPAとはエイコサペンタエン酸の略称です。DHA・EPAはオメガ3酸系脂肪酸と呼ばれ、人間の健康づくりに欠かせない栄養素です。

 

メタボリックシンドロームや動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病やアレルギー性鼻炎、うつ病や認知症といった現代病を改善する効果があります。これは、DHA・EPAが細胞の柔軟性を保つために重要な役割を果たしているからです。

 

しかし、これらの栄養素は体内で製造することが困難です。そのため、食物から摂取する必要があります。具体的には、青魚に多く含まれます。

 

近年メタボリックシンドロームや動脈硬化が問題視されるようになった背景には、肉食傾向が進み、日本人の魚離れが進んだことが挙げられます。

 

しかし、一日に必要な所要量を食べ物からだけで摂取するのは大変なため、サプリによってDHA・EPAを摂取しようという動きも広まっています。健康を保つためには、サプリなどで適量を補うことが大切となります。